直線上に配置
型紙のへや

4、もっと高く! Take me higher!

実際に飛ばしてみると、高くあがらず、宙返りして自分のところに“特攻攻撃!”というパターンもあると思います。
原因は、水平尾翼にあります。射出時水平尾翼の空気の流れが機体を、宙返りさせてしまうからです。
ここでは、HP開設で知り合った、「晴臣」さん(師範代とよんでますが^^)に教えていただいた方法を紹介します。
本当は「水平尾翼」「垂直尾翼」もっと、面積を増やせば、いいのですがスケール感にこだわりたいので、このままの型紙でいきます。

重心位置を後ろにして捻り下げるだけのセッティングの「紫電改」

捻り下げ

水平尾翼の付け根を捻り下げます。
こうすることによって、左図のように高速時の直進性が増し高く上昇します。捻り下げる量は軽くカタパルトで水平射出して「すー」と飛んで「ふわっ」と滑空する感じです。
 捻り下げ調整の動画
きれいに、セッティングが決まると60度くらいで射出してもいいでしょう。
ちなみに、このセッティングでメッサーシュミットは15秒くらい飛びました。
15秒の動画
後、重心位置もいろいろと変えてみてもいいでしょう。

動画の「メッサーシュミット」

「飛燕」の例