直線上に配置
型紙のへや
1、試験飛行              
 風の無い日や室内で機首を水平に、やや強めに投げます。

縦の調整
調整はすべて、水平尾翼で行います。
図Aの様に、やや下向きの角度で、まっすぐ滑空すればOKです。
図Bの様に、機体が一度上昇したあと、失速するときは、水平尾翼の後端を下向きに下げます。
図Cの様に、機体が下に向かう場合は、水平尾翼の後端を上向きにあげます。このHPで紹介している飛行機はそのままだとすべて図Cの飛び方をします。
(翼に仰角がついていないため)

3、いよいよ本番。

水平方向の旋回
機体が左右に旋回してしまうときは、まず主翼や尾翼が左右対象、水平垂直になっているか確認します。それでも曲がる場合は、垂直尾翼の後端を曲がる方向と逆向きに曲げます
機体が傾くときは、下がる翼の後縁を少し下げます

広い場所で、周囲少なくとも50m以内に人がいないのを確認してください。
3mm幅の輪ゴムを5個位つなげたものを用意し、左手でカタパルトの木の棒または輪ゴムの端を持ち、輪ゴムの片方を胴体下側の切り込みに引っ掛けて輪ゴムを引き伸ばし、機体を右外側に30度から45度位傾け、さらに30度〜45度上に向け、機体を放します。すると、右旋回しながら上昇して高度を得た後、ゆっくり左旋回しながら滑空します。傾ける角度や上向きの角度、機種や機体の調整方法によって飛び方が大きく変化しますので良く飛ぶ角度を見つけてください。 (簡単に書いてますが、そう簡単には飛ばせません。)

まず試験飛行を繰り返し、わずかに左に旋回しながら滑空するように機体を調整します。(右翼の後縁をわずかに下げる)

ゴムカタパルト

2、屋外で飛ばしてみよう。
ゴムカタパルトで水平に軽く打ちだします。